狙うレースの絞り込みで最も効果的なのはデータ分析です。

MENU

狙うレース

 

レース

 

中央競馬の場合、1日にひとつの競馬場で12レースが行われ、主に2~3会場同時開催されるため、合計で24~36レースがあります。

 

スピード指数を活用するなど、全てのレースで根拠のある予想をできるのであれば全レース勝負でもいいですが、一般的には数あるレースの中から期待できるレースをピックアップすることで効率的にできます

 

狙うレースについては、重賞やオープン、準オープンなどの実績がある馬が出るレースにピックアップするのではなく、分析してここなら勝てる、期待値が高いという自信があるレースに絞り込むとよいでしょう。

 

 

データでフィルタをかけて絞り込む

 

狙うレースの絞り込みでもっとも効果的なのはデータ分析です。

 

例えば、この競馬場のこのコースは○○産駒の馬が強くて連対率は40%以上になっているといったデータを見つけて、データに該当するレースを狙っていきます。

 

一つのデータだけではなく、様々な方面のデータを集めて期待値が高い順に勝負するレースをピックアップすると良いでしょう。

 

また、福島競馬場は「荒れる福島」の異名を持っていて高配当が出やすい傾向があります。

 

本命馬重視の手堅い手法を使うなら福島は除外してもいいですし、穴狙いなら福島に予想する時間を費やして重点的に勝負してもいいでしょう。

 

 

 

特別な情報があるレースを狙う

 

特別な情報とは、一般には出回らない陣営だけが知っている情報です。
通常は個人が裏情報を知ることはできませんが、競馬情報会社を利用すれば裏情報を教えてもらえる場合があります

 

競馬情報会社は裏情報を基本的に情報料を徴収していますが、一部で会員向けのコラムなど無料配信していることもあります。

 

特別な情報を仕入れたレースは、オッズに対して的中率が高くなるので効率が良いです。

 

 

 

過去の経験を活かして、特定の馬を追いかける

 

競馬は強い馬が必ず勝つとは限らず、展開などの運の要素や状態によって出せる力が変わる特性があります。

 

過去に分析と予想をして馬券を買ったレースは印象に残るもので、勝ち負けに関係なく過去のレースから得られる情報は穴馬券的中につながることが多いです。

 

過去の経験から、次のレースの予想をする事例を一部紹介します。

 

  • 前走でクラスの枠を超える強さを発揮したので昇級戦から期待できる
  • 休み明けで太い馬体なのに好走したので、叩いた後の次走は期待できる
  • 結果は大敗だったけど、不利な展開で全く力を出しきれていなかった中で次走は人気を下げたので狙い目
  • 過去に器用な一面を見せたので、小回りなコースや多頭数出走するレースでは期待値が高くなる
  • 大きな出遅れで負けたレースだけど、内容が良くてスタートさえ克服すれば互角以上のレースができる
  • 前走の敗因は騎手の作戦失敗。騎手の乗り替わりがあるので改めて期待

 

これらはあくまでも一例ですが、本気で予想して観戦(動画閲覧含む)したレースは見えてくるものも大きく、今後の予想で重要な役割を見せます

 

また、的中・不的中に限らず予想したレースをしっかりフィードバックすれば、次に繋がります