競馬で負け続けてしまう人が見直すべき習慣や思考を考察しています。

MENU

競馬で負ける人の共通点

 

競馬の還元率は券種によって変わりますが、平均75%(70%~80%)ほどです。

 

還元率だけ見れば、25%前後の人が負けて、75%の人がトントン収支という計算もできますが、実際には長期的に競馬をやっている人の95%以上は負け組とも言われています

 

競馬で負け組が尋常なくらい多い理由として、

  • 一部のプロやセミプロが大勝ちしていること
  • 負ける人は長期的にやれば必ず負けるような間違った手法や価値観をもっているから

です。

 

競馬で勝てないと悩んでいる人は、負ける人の共通点を確認いただき、習慣と姿勢を見直していきましょう。

 

 

競馬をやる目的に沿った計画を立てる

 

競馬をやっている人は大きく分けて以下の2種類があります。

 

  • 安定した収入を確保しているけど、週末にやることがなかったり、日々の生活に刺激がなく、趣味の範囲で競馬を楽しみたい
  • 今の生活に不満があり、競馬で利益を出して生活の質の向上や、欲しい物の購入、夢の実現など、投資として本気で資金を増やしたい

 

趣味でやる競馬でも、想定外の大損失で人生を狂わす人がいる

競馬で大負けしてしまった男性

 

趣味でやっている人でも、想定外の大負けをしてしまう方が多いです。
その理由は熱くなると予定外の大勝負に出てしまう方が多いからです。

 

条件戦など早い時間のレースから遊んでいる人は、その日のメインレース前に損失が出ていると、一気に取り返そうとして当初の予算を大幅に超える資金を費やしてしまいます。

 

競馬場や場外馬券売り場(WINS)の近くのコンビニATMでお金をおろしたり、キャッシングしてまで馬券を買ったという経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

趣味で競馬をやる方は、最初はトントンでも遊んだ分だけ得をする。
多少の負けは覚悟しているといった考えを持っているものです。

 

しかし、馬券を買っているうちに気持ちに熱が入り、絶対に勝ちたいという気持ちからメイン競走や最終12Rで大金を注ぎ込んで、取り戻せないくらいの損失を出して競馬を辞めてしまう方が非常に多いです。

 

また、負けた時だけではなく勝った時も欲が出るもので、条件戦に買ったことを理由にメイン競走で利益を全額注ぎ込んで、たった1レースで溶かしてしまったり、ビギナーズラックで勝ったのに翌週は資金を2倍に増やして再度勝負をするなど、どんどんロットが大きくなってしまうものです。

 

趣味で競馬をやる場合は、絶対に計画を崩さないことが重要で、意思が弱い人は重賞のみにして、馬券を追加購入できる場所では観戦しないといった取り組みをしてもよいでしょう。

 

どういうレースを狙えばいい?
資金配分は計画性を持ちましょう!

 

 

努力なしでは競馬で利益を出すことができない

初心者が天性のセンスで何も努力をせずに競馬で継続して利益を出せる人は数万人に1人いるかいないかです。

 

競馬で副収入を得ている人や、脱サラして馬券生活している方も実際にいますが、みんな相応の努力をしているものです。競馬は片手間で手堅く利益を出せると思っている人がいれば、それは大きな間違いで、軌道に乗せるまでは資金や時間などの投資も求められます

 

こうした勝ち組に入る難しさを理解して、強い覚悟を持って競馬と向き合いましょう。
努力と最初のうちはある程度のリスクを背負える人だけが成功しています。

 

なかには競馬情報会社から予想を買っていけば勝手に利益を出してもらえると甘く考えている方もいます。

 

確かに優良競馬情報会社さえ見つけられれば、最低限の軍資金だけで何も努力しないで利益を出せます。
しかし競馬情報会社は乱立状態で大半は適当な予想を高額な料金で売りつけている詐欺サイトです。

 

競馬情報会社を利用しようとした場合でも、良い業者やサイトを見つけるにはしっかりと情報収集をして独自に検証も行う必要があります

 

優良競馬情報会社を見極めるには、最低限の競馬知識があった方が有利で、一切勉強せずに当たり業者を引くことは困難です。

→優良な競馬情報サイトを探す

 

 

勝てるロジックがあるにも関わらず負ける人が多い

 

競馬に勝つポイント

近年は、個人でも使えるシステムツールや、口コミサイトや検証サイトによる競馬情報サイトの格付けなど、競馬で勝つ方法を見つけるハードルが下がっています。

 

分析や独自検証など時間をかけて真面目に行えば勝てるロジックを見つける事自体はそれほど難しくなく、誰でも手の届くところに勝利の方程式は存在しています。

 

しかし、勝てるロジックを持っていても負ける人が多いのが競馬の怖さです。
競馬で勝つには理論や理屈だけではなく、メンタル面も重要です。
勝っていても負けていても常に冷静さをキープできるかが成功のカギです。

 

勝った時には欲が出て、負けた時には熱くなってしまうことが、競馬で負ける人の大きな共通点だと言えます。